プレスリリース

シーメンスのXcelerator、ソフトウェアの領域を超えてリアルとデジタルの世界をつなぐ

29 6月 2022
Plano, Texas, USA

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの戦略およびマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるブレンダー・ディッシャー(Brenda Discher)が、 Xcelerator 独自のデジタルビジネスプラットフォームについて説明します。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア(以下シーメンス)は本日、Siemens Xceleratorを発表しました。この製品は、あらゆる産業、構造物、グリッド、モビリティに渡り、より簡単、迅速かつスケーラブルにデジタル・トランスフォーメーションを推進し、企業の価値を高めるオープン・デジタル・ビジネス・プラットフォームです。Xceleratorは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのコミュニティーではすでにおなじみの名称です。2019年に、エンジニアリング・ソフトウェア、サービス、アプリケーション開発プラットフォームを統合した製品ポートフォリオとしてXceleratorは生まれました。以来、お客様の企業の変革を支援する、業界で最も広範かつ強力なソリューションとして提供されてきました。そして今回、Siemens Xceleratorは、製品ポートフォリオから全社向けの適用を想定したデジタル・ビジネス・プラットフォームへと進化しました。このアプローチは、シーメンス自身が、さらに進んだテクノロジー企業となるための変革の一段階として必要なものでした。

この3年間、Xceleratorはスタートアップ企業から有名ブランド企業に至るまで、さまざまな企業で、私たちが想像もしなかったような方法で活用されてきました。自己誘導型自律推進ドローンによる海洋測量から次世代宇宙飛行機による宇宙探査まで、Xceleratorは地球上 (および周辺の軌道上 ) のイノベーターやリーダー、パイオニアにとって基盤となるソリューションになっています。 そして昨年、シーメンスはXceleratorをクラウド上に展開させ、Xcelerator as a Serviceを開始、今やXceleratorはそれを活用する企業と共に、細かく分断されていたエンジニアリング分野間の垣根をなくし、世界中の企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。

Xceleratorビジョンの拡大

Xceleratorは、今後も引き続きソフトウェアの製品ポートフォリオとしての性格を残しつつも、今後はその適用と活用の範囲を大きく広げていきます。Siemens Xcelerator には、まずシーメンスのデジタル・サービスやIoT(もののインターネット;Internet of Things)に対応したハードウェア、ソフトウェアに加えて認定済みサードパーティ製品からが含まれますが、そこに成長を続けるパートナー・エコシステムを含めて考えることで、マーケット・プレイスを通じたシーメンスとお客様企業、パートナー、開発者の間の連携から生まれる進化を取り込んで行こうとしています。

シーメンスが目指すのは、フィジカルとデジタルの両方の世界を融合させ、インフォメーション・テクノロジー (IT) とオペレーショナル・テクノロジー (OT) を一体化させて、産業、構造物、移動手段、エネルギー・グリッドの間の壁を打破することです。私たちは、今後も引き続き、業界で最も包括的なデジタルツインを提供していきます。今回、全社および全パートナーに横断的なソリューションを追加したことで、ファクトリーコントロール・ソフトウェア、ファクトリー・オートメーション、そしてエッジコンピューティング・デバイスまで、またチップから都市、さらにその間のあらゆるポイントに対して、リアルとデジタルの世界をより密接に結びつけられるようになります。

拡大を続けるポートフォリオ

Siemens Xceleratorは、こうしたビジョンの実現継続のため、ポートフォリオに新たな製品やサービスを追加していきます。中でも、本日シーメンスがSiemens Xceleratorの一部として発表したのは、次世代の産業分野向けIoT (IIoT) ソリューションを提供していく構想についてです。Industrial Operations Xは、センサー、エッジからクラウドまでのソリューション、またアプリケーション、IoT as a Service、ローコード開発環境、さらに身近に使えるアプリなどを一体化して提供します。これによって、オートメーションで生まれるリアルな世界のデータは、情報化やエンジニアリング技術が作るデジタルの世界に取り入れられ、統合されます。それらは、シーメンスがもとより持っていた業界毎のIT/OTをまたがる包括的な知識やサービスによってさらに価値が高まります。

Siemens Xcelerator は、常に柔軟に進化を続けられるように考えられています。この考え方を維持することで、Xceleratorに新たな製品やサービスの開発を加えることが可能になり、より多くのお客様の課題に対してパーソナライズしたソリューションを適用できるようになります。 

シーメンスは、デジタル・トランスフォーメーションを継続的な取り組みとして捉えており、成功のためにはパートナーや開発者を取り込んだ、大きなネットワークが必要であることを認識しています。このオープンで拡大し続けるXceleratorのエコシステムに最も新しく加わった企業の1つが、シーメンスとのパートナーシップ拡大の一環として加わったNVIDIAです。 両社は、インダストリアル・メタバース構築の取り組みの一環として、Siemens Xcelerator と NVIDIA Omniverseプラットフォームをつなぎました。新たな時代を切り開くため、AIを搭載し、フォト・リアリスティックで、物理法則も取り込んだデジタルツインが、さらなる効率化を推進し、産業オートメーションを新たなレベルへと導きます。ハンガリー、デブレツェンのBMWの電気自動車生産拠点に導入されるソリューションは、その最初の事例となります。 

共に未来を変革する

すべての企業が、より良い未来を目指し、課題に向き合い、変革を進めようとする中、シーメンスもまた改革に取り組んでいます。弊社のソフトウェア、ハードウェアおよびパートナーは、Siemens Xceleratorプラットフォームの中核である一方、シーメンス自身の未来を担っています。  私たちは、すべてのお客様がシーメンス同様、Siemens Xcelerator でそれぞれの限界を拡げ、可能性を拡大していけるようになると信じています。

Siemens Xceleratorの詳細については、siemens.com/software をご覧ください。シーメンスのLinkedInTwitterFacebookをフォローすると、最新情報が入手できます

ブレンダー・ディッシャー(Brenda Discher)シーメンスデジタルインダストリーソフトウェア、戦略&マーケティング担当シニアバイスプレジデント

報道関係からのお問い合わせ先