Press Release

シーメンス、デジタル・モビリティー・ トランスフォーメーションで 韓国の現代 (ヒョンデ) 自動車、起亜 (キア) 自動車と提携

29 11月 2021
Plano, Texas, USA

ヒョンデとキアの次世代データ管理および設計管理の標準ソリューションに、シーメンスのXcelerator製品ポートフォリオからNXソフトウェアとTeamcenterソフトウェアを採用し、現行ソリューションから順次置き換え
  • 次世代エンジニアリング環境およびプロダクト・データ管理環境のパートナーにとして、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアを選定
  • ヒョンデとキアの次世代データ管理および設計管理の標準ソリューションに、シーメンスのXcelerator製品ポートフォリオからNXソフトウェアとTeamcenterソフトウェアを採用し、現行ソリューションから順次置き換え

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア (以下シーメンス) と現代(ヒョンデ) 自動車および起亜 (キア) 自動車 (以下、現代・起亜) は本日、デジタル・トランスフォーメーションの加速とモビリティーの新たな未来に向けて、技術パートナーシップを結んだことを発表しました。現代・起亜は、シーメンスを戦略パートナーに選定し、次世代エンジニアリングと製品データ管理において同社の製品を優先的に採用します。適用されるのは、シーメンスのソフトウェア、サービス、開発プラットフォームを統合した同社のXcelerator製品ポートフォリオのうち、NX™ソフトウェアとTeamcenter®製品です。現代・起亜は、既存のソリューションを含めてさまざまな選択肢を検討した結果、シーメンスのソフトウェアを選択し、世界で最も包括的なデジタル・ツインの構築を目指します。信頼できる重要なパートナーに指名されたシーメンスは、現代・起亜と協力し、モビリティーの未来を推進していきます。

現代自動車の研究開発部門責任者、Albert Bierman氏は次のように述べています。「設計とデータ管理プラットフォームの中核にNXソフトウェアとTeamcenterポートフォリオが採用されれば、当社の作業環境は新たな段階を迎えます。そこから、自動車開発の未来へ飛躍する道筋が開けます。これが現代自動車にとって大きな変革の始まりであり、重要な変換点となるのは間違いありません。信頼できるパートナーであるシーメンスと相互に協力し、チームワークを通じて目標の達成に取り組んでいきます。」

現代・起亜は今後、シーメンスと共同で、生産から購買、パートナー会社の研究開発までを含めた自動車開発のライフサイクル全般と、関連するすべてのプロセスやアクティビティーを統合的に捉えた、新しい設計手法の確立とカスタム・ソリューションの開発に取り組んでいきます。シーメンスは、ソフトウェアの提供に加え、現代・起亜のサプライヤー・ネットワーク全体でシーメンスのソフトウェアを効率的に利用および運用できるよう、活用技術や目的に特化したトレーニングを併せて提供します。

シーメンス デジタルインダストリーズ ソフトウェアのプレジデント兼最高経営責任者 (CEO)、トニー・へミルガン (Tony Hemmelgarn) は次のように述べています。「現代・起亜は、他の多くの企業と同様、大規模な事業変革を進めています。シーメンスがその戦略パートナーに選定されたことは大変光栄なことであり、革新的な方法で次世代製品を開発していくためのサポートや最先端技術を提供できることを嬉しく思います。当社のXcelerator製品ポートフォリオは、デジタル・トランスフォーメーションのためのツールであり、テクノロジーです。これらは、お客様の今日のニーズや将来の要件に応えるために開発されました。現代・起亜と共同で次世代エンジニアリングと製品データ管理システムに取り組み、デジタル・トランスフォーメーションを加速させ、モビリティーの未来を追求していけることが、今からとても楽しみです。」

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、エンジニアリング、製造、電子設計といった技術的分野を結合し、「将来」の目標を今実現するために努力を続けるデジタル・エンタープライズを支援しています。同社のXcelerator製品ポートフォリオは、あらゆる規模の企業がデジタル・ツインを作成 / 活用することで、イノベーションを推進するための新しい洞察力や機会、そしてさまざまな段階における自動化を促進する支援をします。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアおよびXceleratorソフトウェア / サービス・ポートフォリオの詳細については、siemens.com/softwareをご覧いただくか、LinkedInTwitterFacebookInstagramをフォローしてご確認ください。

シーメンスデジタルインダストリーズ(DI)はオートメーションとデジタル化における革新的なリーダーです。パートナーやお客様と緊密に協力して、プロセス業界とディスクリート(部品組み立て)産業のデジタル変革を牽引します。DIはデジタルエンタープライズポートフォリオによって、あらゆる規模の企業がバリューチェーン全体にわたって統合とデジタル化を実現するための、包括的な製品、ソリューション、サービスを提供します。各業界固有のニーズに合わせて最適化された、DIのユニークなポートフォリオは、お客様の生産性と柔軟性の向上をサポートします。DIは常にポートフォリオに革新性を追加し続け、未来の先端技術の統合に努めています。DIのグローバル本社の所在地はドイツのニュルンベルクで、世界に約72,000名の従業員を擁しています。

シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。ビルや分散型エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャー、プロセス産業や製造業向けの自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。シーメンスはデジタルと現実世界を結びつけることで、お客様と社会に貢献します。鉄道、道路交通のスマートなモビィティー・ソリューションの主要サプライヤーであるモビリティーを通じ、シーメンスは旅客および貨物サービスの世界市場の形成をサポートします。さらに上場会社であるSiemens Healthineersの過半数の株式を保有することで、医療技術やデジタル・ヘルスケア・サービスの世界の大手サプライヤーでもあります。また、送電および発電の世界のリーダー企業であり2020年9月28日に株式上場したシーメンスエナジーの過半数未満の株式を保有しています。2019年9月30日に終了した2021年度において、シーメンスグループの売上高は623億ユーロ、純利益は67億ユーロでした。2020年9月30日時点の継続事業における全世界の社員数は29万3000人です。詳しい情報は、http://www.siemens.comにてご覧いただけます。

注:シーメンス関連の商標リストについてはこちらをご覧ください。その他の商標はそれぞれ各所有者に帰属します。

報道関係からのお問い合わせ先