プレスリリース

Luna Rossa Prada Pirelli adopts Siemens Xcelerator as a Service for America’s Cup yacht design

13 12月 2022
Plano, Texas, USA

Luna Rossa Prada Pirelli uses Siemens Xcelerator as a Service to accelerate development of an extreme class of optimized America’s Cup yacht (Image credit: Luna Rossa Prada Pirelli).
  • Luna Rossa Prada Pirelli uses Siemens Xcelerator as a Service to accelerate development of the ultimate AC75 America’s Cup yacht
  • Cloud-based collaboration is used to manage increased design complexity and improve manufacturing repeatability, in and out of season
  • The team leverage the power of high-performance computing (HPC) clusters, running thousands of simulations per day to explore new designs

Siemens Digital Industries Software announced today that the Luna Rossa Prada Pirelli America's Cup team is using the Siemens Xcelerator portfolio of software and services to design, simulate and optimize its racing yacht for the forthcoming America’s Cup challenge (37ᵗʰ America’s Cup).

“The Siemens Xcelerator as a Service portfolio provides critical tools to Luna Rossa Prada Pirelli that allow the team to design, analyze and evaluate all aspects of the boat’s hydraulics and fluid-dynamic performance,” said Matteo Ledri, Head of CFD, Luna Rossa Prada Pirelli Team. “Using Siemens’ software, the hull, foils, rudder and sails can be analyzed as part of the digital twin, to understand how each surface responds to the changes in the project parameters, thus speeding up our work.”

The hull, foils, rudder and sails are designed and analyzed virtually using Simcenter™ STAR CCM+™ software to understand how sails, hull and the complex hydrodynamics of the hydrofoil respond to the changes in the project parameters. Simcenter™ Amesim™ software is used to simulate all on-board hydraulic lines and optimize performance, an essential aspect given that on-board hydraulic power for the aerial parts of the boat is generated by four cyclors using pedal power.

Luna Rossa Prada Pirelli is also taking advantage of Xcelerator Share, the cloud-based collaboration capability in Siemens Xcelerator as a Service, to effectively manage increased design complexity, improve manufacturing repeatability across the growing number of parts undergoing thousands of engineering changes per year, both in and out of racing season. In the highly competitive America’s Cup environment, these advanced shape description capabilities and high-fidelity CFD simulations of an extreme class of sailing boats allow the team to meet their needs on the timetables demanded by global racing competitions.

Siemens Xcelerator as a Service enables a high degree of automation, so the Luna Rossa Prada Pirelli team can fully leverage the power of modern high-performance computing (HPC) clusters, running thousands of simulations per day to quickly explore the characteristics of new designs in different environmental conditions. In addition, Siemens provides a dedicated support service to assist the team in extracting the maximum value out of their investment. The agreement also includes Siemens’ NX™ software, which Luna Rossa Prada Pirelli licensed to start evaluating its potential with a view to its future introduction.

“The Luna Rossa Prada Pirelli team’s selection of Siemens Xcelerator as a Service is another proof point that organizations at the bleeding edge of innovation are using our solutions to bring their ideas to life and find new areas for true innovation,” said Franco Megali, Vice President and CEO Italy, Israel and Greece, Siemens Digital Industries Software. “Whether that’s teams competing in the world’s most extreme sailing races, taking new vehicles to the edge of space or building a more sustainable future for us all, pioneers are choosing our solutions.”

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、Siemens Xceleratorビジネス・プラットフォームのソフトウェア、ハードウェア、サービスを最大限に活用し、あらゆる規模の組織がデジタル・トランスフォーメーションを実現する支援をします。シーメンスのソフトウェアと総合的なデジタルツインにより、企業は設計、エンジニアリング、および製造プロセスを最適化し、現在のアイデアを将来の持続可能な製品に転換できるようなります。チップからシステム全体、そして製品からプロセスに至るまで、あらゆる産業に渡り、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、今日と未来をつなぐ橋渡しをします。

シーメンスデジタルインダストリーズ(DI)はオートメーションとデジタル化における革新的なリーダーです。パートナーやお客様と緊密に協力して、プロセス業界とディスクリート(部品組み立て)産業のデジタル変革を牽引します。DIはデジタルエンタープライズポートフォリオによって、あらゆる規模の企業がバリューチェーン全体にわたって統合とデジタル化を実現するための、包括的な製品、ソリューション、サービスを提供します。各業界固有のニーズに合わせて最適化された、DIのユニークなポートフォリオは、お客様の生産性と柔軟性の向上をサポートします。DIは常にポートフォリオに革新性を追加し続け、未来の先端技術の統合に努めています。DIのグローバル本社の所在地はドイツのニュルンベルクで、世界に約72,000名の従業員を擁しています。

シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。ビルや分散型エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャー、プロセス産業や製造業向けの自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。シーメンスはデジタルと現実世界を結びつけることで、お客様と社会に貢献します。鉄道、道路交通のスマートなモビィティー・ソリューションの主要サプライヤーであるモビリティーを通じ、シーメンスは旅客および貨物サービスの世界市場の形成をサポートします。さらに上場会社であるSiemens Healthineersの過半数の株式を保有することで、医療技術やデジタル・ヘルスケア・サービスの世界の大手サプライヤーでもあります。また、送電および発電の世界のリーダー企業であり2020年9月28日に株式上場したシーメンスエナジーの過半数未満の株式を保有しています。2019年9月30日に終了した2021年度において、シーメンスグループの売上高は623億ユーロ、純利益は67億ユーロでした。2020年9月30日時点の継続事業における全世界の社員数は29万3000人です。詳しい情報は、http://www.siemens.comにてご覧いただけます。

注:シーメンス関連の商標リストについてはこちらをご覧ください。その他の商標はそれぞれ各所有者に帰属します。

報道関係からのお問い合わせ先